生後2ヶ月になったら予防接種をうけよう

赤ちゃん予防接種

生後2ヶ月になるといくつかの予防接種が受けられるようになります。
では、どのワクチンから受けたらいいのでしょう。ワクチンによって、接種する年齢や回数などが違うので、わかりにくいですよね。
生後2ヶ月からの予防接種についてまとめてみました。

スタートダッシュ、同時接種が大事

初めてのワクチンは生後2ヶ月の誕生日にはじめましょう。
1ヶ月健診が終わったら、生後2ヶ月になる前に小児科に問い合わせの連絡をしてみると良いでしょう。
予防接種法による「定期接種」とそれ以外の「任意接種」があります。
任意接種のワクチン費用は自己負担となります。
病院によって取り扱っているワクチンが異なりますので受けたいワクチンがあるかも問い合わせておきましょう。

ワクチンは、生ワクチン不活化ワクチン(トキソイドも含む)に分けられます。
BCGやロタウイルスワクチンは生ワクチンのため、接種後は4週間あけなければなりません。そのため、これらを1本ずつ単独で受けると、約5か月間にわたってほぼ毎週接種することになります。

同時接種なら予防接種スケジュールが簡単になり、接種忘れなどがなくなるだけでなく、早く免疫をつけるというワクチン本来の目的を果たします。

初めての予防接種は4種類

ヒブ小児用肺炎球菌B型肝炎ロタウイルス(任意:飲むワクチン)

ヒブと小児用肺炎球菌ワクチン

ヒブと小児用肺炎球菌ワクチンは、細菌性髄膜炎を予防します。細菌性髄膜炎は生後6か月を過ぎるとかかる子どもが増えてきますので、生後5~6か月になる前に初回3回の接種を済ませておくことが大切です。

ロタウイルス

ロタウイルス感染症も生後5~6か月から増えますので、2回接種ワクチン(ロタリックス)では生後24週0日、3回接種ワクチン(ロタテック)では生後28週0日までに2回接種を完了させなければならず、生後2か月の初日から(遅くとも生後14週6日までに)接種をはじめます。

B型肝炎

B型肝炎は母子感染の心配がないお子さんであれば生後2ヶ月の接種をおすすめします。

まとめ

乳児は感染症に対する免疫が未発達のため、ひとたびかかってしまうと重症化しやすく入院が必要になったり、命にかかわったりする場合があります。

同時接種で受けられる小児科を選び、早く、確実に免疫を獲得できるスケジュール立てましょう。